Blog/ブログ

プルモナリア・ブルーエンサイン

ブルーエンサイン

Pulmonaria ‘Blue Ensign’

 

 「春の妖精」と表現したくなるような、優しい雰囲気の青いお花を咲かせるプルモナリアです。他には白やピンクの品種もあります。

プルモナリアも含まれるムラサキ科のお花は、総じて青い花を咲かせる種類が多いのですが、つぼみのうちはピンクだったり

そのままピンクのお花を咲かせる種類もあります。

 

青とピンクというと、かけ離れた色のように思われますが、どちらも同じアントシアニジンという色素の骨格に、水酸基や

カルボキシル基、有機酸が結合して青色やピンク色、紫色として発色します。つぼみの頃の色素が、糖や紫外線の影響で

別の色素へ変化して、その結果ピンクから青いお花へと変化するわけです。

 

専門的なお話になりましたが、色素は環境で変化するものもあると覚えていると、みる目が変わって面白いかもしれません。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク