Column/連載コラム

ホウライチク

ホウライチク アスパラガスの一種、耐寒性の強い宿根草です。

 

 明るいグリーンの繊細な葉を広げ、さわやかで自然な雰囲気が感じられます。

 

 草丈は60cm位、ガーデン材料には手頃な大きさでバランスも良く、丈夫で扱いやすい種類です。

 

 原産地はヒマラヤ、幻の葉物とも呼ばれていて、栽培は非常に少なく、切り葉としてもっと普及しても良いものです。

 

 白い小花が多数咲きますが、種子ができないので雄株なのかもしれません。

 

 アスパラガス属には300種ほどがあり、日本にもキジカクシやクサスギカズラなどが自生します。

 

 薬用に利用されることから天門冬とも呼ばれ、また、アスパラガスの名はトゲがあるということに由来するように、トゲのあるものが多く見られます。

 

 本種ホウライチクにはトゲがありません。

 

 アスパラガスで利用の多いのは、南アフリカの種類です。耐寒性はありませんが、種子で容易に苗が作れます。

 

 食用のアスパラガスは、耐寒性はありますが、丈が伸びて倒れるのが欠点ともいえます。紫アスパラとか、観葉にも利用できそうですが。

 

 

 

次回はカンゾウです。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com