Blog/ブログ

アシズリノジギク

Chrysanthemum japonense var. ashizuriense

 

こちらは正真正銘、小黒さん印のアシズリノジギクです。高知県足摺岬周辺に分布しているノギクで、ノジギクの変種とされています。全体的にコンパクトにまとまって咲くため山野草として人気があり、古くから栽培されているノギクです。

 

花付きが良いこと、間延びしにくいことは鉢栽培に向いているので、盆栽風に仕立てて楽しむ方も多いそうです。ペレニアルガーデンでは乾き気味の場所に植えていて、日当たりと風通しのおかげでまとまって咲いてくれます。

 

白いお花のノギクの仲間では、ナカガワノギクと共におすすめできる種類です。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク