Blog/ブログ

ホワイト・ニゲル

ニゲル

Helleborus niger

 

最近は栄養繁殖された、品種名のついたニゲルがたくさん流通しています。写真のニゲルは実生系ですが、相対的に実生繁殖のニゲルは減っているように思います。

ニゲルというと純白のクリスマスローズというイメージがありますが、良く見るとあちこちに紅色のアントシアンが発色しています。青軸という花茎や葉柄にアントシアンが出ない個体を育てていますが、それでも一箇所だけ紅が出現する場所があります。

写真を見てお分かりになるでしょうか? この株は青軸ではありませんが、軸のアントシアンが少ないタイプです。それでもお花の中心、雌しべの先端だけは紅色になっています。

ここも薄黄緑になる株があれば、それは素心といっても良いのでしょうが、残念ながらいまだ素心の個体を見たことはありません。話には聞いた事がありますので、存在しているのは間違いないでしょう。

お花が咲き進んでもアントシアンが発色しない、純白のクリスマスローズにいつか出会いたいものです。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク