Blog/ブログ

二度目のソリダゴ

ソリダゴ・ファイヤーワークス

Solidago rugosa ‘Fireworks’

 

このブログでも何度か紹介している、ソリダゴ・ファイヤーワークスの、返り咲きの姿がこちらです。季咲きの一度目の姿はこちらをご覧ください。今年は開花が早かったので、7月に一度目のお花を切り戻しています。

ファイヤーワークスと言えば、水平に伸びる花茎に咲く小花が、花火のように見えるのが特徴なのですが、写真の二度目のお花はあまり横枝が出ていません。草丈も30cm程とコンパクトにまとまっていて、アキノキリンソウを思わせる素朴な風味を出しています。

夏の豪快な姿が本来のものです。それはそれで、現代的なガーデン風景には似合って使いやすいと思いますが、今年の二度目のお花のような、小さく咲いている姿もまた季節に似合って良いものと思います。

宿根草の多くはこんな風に、切り戻しなどの作業を行うことで、見た目を変化させることが出来ます。同じ植物を植える場所に応じて、大きく豪華に育てたり、小さく可憐に育てたり出来るのも楽しみの一つです。

意外と奥深い宿根草の世界、今からでも遅くはありませんので、来年に向けて始めてみてはいかがでしょうか。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク