Blog/ブログ

八重ヤマブキ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Kerria japonica  f. plena (L.) DC.

 

太田道灌の逸話でも有名な、ヤマブキの八重咲き品種で古くから日本人に親しまれている花木の一つです。

ヤマブキは日本固有種と思われがちですが、中国にも分布が確認されています。いずれにしても春の山を明るく照らす

山吹色のお花は、春のハイキングの目玉の一つでしょう。

 

江戸時代には日本各地から園芸品種が探し求められ、現在でも白散り斑、白覆輪などの斑入り品種や、

白花(シロヤマブキは別種です)や海外で選抜された大輪種が流通しています。

 

残念ながら当時の文献にある、多弁化(八重咲きではなく、雌しべの残るタイプ)、極小輪、一文字(花びらが二枚のもの)、

赤花(銅色と記されている)などの多くの変異個体は失われてしまっています。いつかそれらが再び発見されることを

願わずにはいられません。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク