Blog/ブログ

ツクシイバラの紅八重咲き

Rosa multiflora var. adenochaeta

 

四国から九州にかけて分布するノイバラの変種がツクシイバラです。漢字では筑紫茨で九州のイバラという名前です。原種はさくらピンクの一重咲きで、ノイバラより二回りほど大きなお花が特徴です。テリハノイバラ(R. luciae)と同様に葉には艶があって遠目にはキラキラ光って見えるほどです。

 

写真のお花は特に色の濃い原種の選抜個体から、偶発実生で生まれた八重咲きのものです。あまり流通していない珍しいバラの一つではないでしょうか。説明なしに見れば園芸種のミニバラですか? という感じなので、珍しいと思う方はいないかもしれません。

 

バラは園芸化された植物の中でも、特に育種の進んだものの一つです。その割に多数ある原種の中には、交配に使われたことのないものもあります。写真のお花もいつか交配親になる日が来るかもしれません。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com