Blog/ブログ

こなゆき?

芝生の上に積もった粉雪かな? と近づいてみると、朝露に濡れたシュウメイギクのタネでした。コットンシードのように綿毛をまとっています。

 

写真の綿毛はシュウメイギク「ダイアナ」の種子です。ほとんど綿毛で、肝心の種子は小さな焦げ茶の点のような部分です。この小さな種子に、綿菓子のような大きな綿毛が付いているため、ちょっとした風でも遠くまで飛んでいきます。

 

キンポウゲ科の植物は発芽にくせのある種類が多いのですが、シュウメイギクの仲間は発芽の良いものが多く、ガーデンでもあちこちから実生と思われるお花が咲いています。だいたいは親と同じお花になりますが、ときどき色変わりや八重咲きになるものがあって面白いです。

 

小さな一粒がどんなお花を咲かせるか、こればかりは咲くまで分かりません。種子は可能性のカタマリなのだと思います。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク