Blog/ブログ

アキチョウジ

アキチョウジ

Isodon longitubus Kudo

 

秋咲きの宿根草の中でも、いかにも秋らしい雰囲気のお花です。同属のヒキオコシ、セキヤノアキチョウジなども同じ頃に咲くシソ科のお花で、青紫の小花をたくさん咲かせます。

 

アキチョウジはこれらの似た種類の中で、最もお花が大きくて青紫も濃いことから見応えのある種類です。花色の濃さだけでいえばクロバナヒキオコシという黒っぽく見えるほど濃い紫の種類もありますが、お花が小さいためあまり目立ちません。

 

アキチョウジには色ちがいで、白花、ピンク、濃紫色などの品種が流通しています。どれも育て方は一緒で、日陰から木もれ日程度の明るさで、腐植質の多い排水の良い場所に植えて下さい。耐寒性は高いので高冷地でも心配要りません。

 

草丈が1m近くまで伸びますので、生長が良い場合は梅雨明けのタイミングで切り戻すと揃って咲いてくれます。お茶花で利用するなら、切り戻さずに伸ばしても雰囲気が良いものです。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク