Blog/ブログ

コガネグルマ

Chrysogonum virginianum

 

金星菊(きんせいぎく)の別名があるキク科の宿根草です。コンパクトな背丈で横に広がって成長するので、ボーダーや寄せ植えに向いています。かつてはよく流通していたのですが、今はサンビタリアやコレオプシスに取って代わられた感があります。

一年草のサンビタリアやコレオプシス、ビデンスなら春から秋まで長く咲くので、コガネグルマを植えるよりお庭の管理がしやすいのだと思います。またコガネグルマはあまり変異が知られておらず、バラエティを楽しめない点もマイナスなのでしょう。

しかし、ヒメヒマワリを思わせる幅の広い明るいグリーンの葉、素朴さを感じるサクラの花型のお花と他には無い特徴があって、このまま忘れ去られてしまうには惜しいお花だと思います。八重咲きや二色咲きなど従来知られていなかった品種が出てくれば、人気を取り戻せると思います。

新しい品種の登場をこっそり期待しています。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク