Blog/ブログ

ジョリージャンパー

ジョリージャンパー

Aster ‘Jolly Jumper’

 

宿根アスターの中でも、このジョリージャンパーとアイデアルの二種類は、少々独特な雰囲気のある面白いアスターです。寄せ植えやポット仕立てで人気のユウゼンギク(ミケルマスデージー)とも、クジャクアスターとも違った立ち位置と言えばいいでしょうか、独自の人気を保っています。

両種とも古い品種で、ガーデニングシーンに登場したのはずいぶん昔なのですが、いまだにこれに変わるお花を知りません。クジャクアスターより小さなお花が、縦に長い円錐状に咲きます。

枝に沿って細長く咲くクジャクアスターや、大きなお花が半球状にこんもり咲くユウゼンギクとは違います。ほどほどの広がりを見せる枝ぶりと、上品なうす紫色の花色は野性味を感じさせますし、真っ直ぐ立ち上がるので力強さもあります。

アスター属は世界中に多くの種があるので、本当に多種多様です。日本の野生種でいえばノコンギクや雑種といわれているキヨスミコンギクあたりが、ジョリージャンパーに近い雰囲気ではありますが、代わりになるほどのものではありません。

いつか、ジョリージャンパーやアイデアルに変わる新しいアスターが出てくるのでしょうか。知らないだけでもう存在するかもしれませんが、出会えるのを楽しみにしています。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク