Blog/ブログ

ソライロヤブイチゲ

ソライロヤブイチゲ

おそらくソライロヤブイチゲだと思いますが、別種かもしれません。ソライロヤブイチゲはヨーロッパ産の宿根アネモネ、ネモローサ種の色変わりに付けられた名前です。ネモローサは基本は純白で、八重咲きのハルオコシなども知られています。

日本にもイチリンソウ、アズマイチゲ、キクザキイチゲ、ユキワリイチゲなどネモローサに近縁の種類がありますが、キクザキイチゲには薄青色のタイプがありこれをルリイチゲと呼びます。ソライロイチゲもネモローサの中の薄青色のタイプのようです。

このお花も含めてスプリングエフェメラルと呼ばれる、春先の短い期間だけ地上に芽を出して花を咲かせ夏前に枯れてしまう植物は、一年のほとんどを地下茎や球根の姿で地面の下で過ごしています。これらの植物を上手に育てるには、極端に乾湿の差を与えないよう、停滞水が無いように水捌け良く管理する必要があります。

最近の熱帯夜が続く都市部の夏は厳しいものがありますが、アネモネの仲間は工夫次第で育てられるものも多くあります。みなさんのお庭でも「春の妖精」を育てて楽しんで下さい。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク