Blog/ブログ

ナカガワノギク

Chrysanthemum yoshinaganthum

 

徳島県の那賀川で発見された徳島の固有種です。育てやすくてきれいなので、ノギクの中でも人気があって昔から栽培されています。山野草としてもよく出回っていますので、普及している種類ではないでしょうか。

 

リュウノウギクの近縁種と考えられていますが、特徴は葉の形にあります。先が大きく割れたくさび形の葉型で、いわゆるキクの葉とは異なります。写真ではちょっと見えにくいかもしれませんが、影の形が分かりやすいと思います。

 

ノギクとしては大きなお花を咲かせるので、見た目はマーガレットのようです。在来種ですからもちろん耐寒性があり、小渕沢でも毎年元気に育っています。お花の少なくなる時期に咲いてくれるおすすめの宿根草です。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク