Blog/ブログ

ナンバンハコベ

Cucubalus baccifer L. var. japonicus Miq.

 

ペレニアルガーデンには植えた覚えもないのに、いつの間にか咲いている、という宿根草がいくつかありますが、このナンバンハコベもその一つです。名前から帰化植物を連想しますが、北海道から九州にかけて自生する日本の在来種です。

 

ハコベの名前がありますがハコベ属ではなくて、ナンバンハコベ属という独立した種類です。分類によってはマンテマ属(Silene)に含めることもあります。

 

他の草にもたれかかるように、細く高く伸び上がる様子は一種独特で、割れた感じの咲き方のお花にも特徴があります。お花の雰囲気はハコベなのに、大きく背が高いことから南蛮人を想起して、ナンバンハコベと付けられたのでしょうか。

 

お花が咲かないと誰にも気付かれない位に地味な植物ですが、変わった名前で覚えてもらえる植物の一つです。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク