Blog/ブログ

リンドウ

Gentiana sp.

 

リンドウは日本の秋を象徴する、ジャパンブルーのお花を咲かせる宿根草です。野生種もいろいろとありますが、一般に流通している鉢花はキリシマリンドウの改良種の、シンキリシマリンドウがほとんどです。

 

花色もスカイブルーや白、ピンクやバイカラーなどカラフルに改良されています。写真のリンドウはおそらくササバリンドウという関西地域に自生する種類と思います。本来のリンドウは本州から九州まで広く分布していますが、葉の幅がもっと広くてふっくらしています。

 

本州の高山や北海道にはエゾリンドウという種類がありますが、空色のお花を咲かせる背の高い種類です。その特性を生かして切り花用の園芸品種の元になっています。

 

ササバリンドウやキリシマリンドウ、クマガワリンドウなどの関西から九州を原産とする種類は、夏の暑さに強く育てやすいものです。お庭に植えるならこれらの種類がおすすめです。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク