Blog/ブログ

冬枯れの白式部

白式部の冬枯れ

Callicarpa dichotoma var. albifructus

 

すっかり葉も落ちて枯れ枝のような姿になっても、シロシキブ(コムラサキの白実)は落ちずにそのまま付いています。紫色の実と違ってあまり色あせもしないので、ドライフラワーで利用するにはこちらの方が向いているかもしれません。

このくらい落ちずに長くいてくれると、運気アップや受験に御利益がありそうな気がしてくるから不思議なものです。クリスマスリースにも使えますし、ムラサキシキブの実のドライはいろいろ利用できます。

実の部分だけを使ってコサージュにしたり、ポプリに混ぜて使ったりとハンドメイド利用が一般的ですが、実の付いたままの枝をお正月の飾りに使ってもおめでたい感じがして良いと思います。

冬になってもきれいに残っているのを見ると、あまり美味しくないのかなと思うのですが、ヒヨドリやノビタキ、エナガなど野鳥が食べている姿も見ますので、案外美味しい木の実なのかもしれません。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク