Blog/ブログ

彼岸花

ヒガンバナ

Lycoris radiata

 

お彼岸の頃に咲くお花なので彼岸花です。お墓の周囲に植えられていることも多いので、なんとなく怖いイメージを持たれることがありますが、事実、毒がありますので間違ってはいません。

 

特に球根に毒素を多く含むため、殺鼠剤の代わりに使われたり、畑の害獣避けに周囲に植えられたりしました。今でも田の畦に多く見られるのは、その名残のようです。

 

今では他のリコリス属と交配育種が進んで、黄色からオレンジ色、ピンク、ホワイト、バイカラーなどカラフルな品種が生まれています。欧米で品種改良が進みましたが、近年では日本の育種家も増えています。

 

昔ほど不吉な花、忌避されるお花ではなくなりました。それでもガーデンで使われるのは、品種改良されたものが多く、ヒガンバナ自体を植えているところは多くないようです。

 

一度付いた印象は、なかなか拭い去ることが難しいようです。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク