Blog/ブログ

春のきざし

毎年お馴染み、ロニセラ・フラグランスのつぼみです。例年ですと、お正月の松の明ける頃にはつぼみがふくらみ始めますが、今年は2月に入ってようやく大きくなってきました。一足早い春を感じたい時は、このふくらみ始めた枝先を切って、暖かいお部屋に飾っておくと薄いクリーム色の、香りのよいお花を咲かせてくれます。

 

ときどき切り花として売っているのを見かけますが、素心ロウバイのほうが多く流通しているようです。どちらも春先の香りのお花として庭植えで人気のある花木です。特にこのロニセラ・フラグランスは枝数も多く、お花もたくさん付きますのでおすすめです。土質を選ばず半日陰でも咲いてくれますが、日当たりのよい腐植質の多い環境を好みます。

 

 

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク