Blog/ブログ

曼珠沙華

ヒガンバナの赤い花

Lycoris radiata

 

曼珠沙華(まんじゅしゃげ、まんじゅしゃか)とはヒガンバナの別名で、仏教で天上の花を指す名称だそうです。とてもありがたい華やかな名前とは裏腹に、ハカバナ、シビトバナという漢字にしたくない別名でも呼ばれています。

ヒガンバナは冬緑性という秋から葉が出て、冬の間青々として育ち春遅くに地上部が枯れる生態をしています。秋のお彼岸の頃、地上に何もなかった所から、突如としてにょきにょきと真っ赤な花が生えてくるのですから、不気味なイメージを持たれてしまったのかもしれません。

最近ではネガティブなイメージも薄れてきたのか、田の畦に咲く彼岸花の群落が観光地になっている所もあるようです。時代が変われば人も変わるということなのかもしれません。日本各地に野生のお花が見られますが、どれも元は人の手で広められたもので、九州の一部にコヒガンバナという自然の自生種があるそうです。

コヒガンバナには純白のお花があるそうで、いつか見てみたいものです。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク