Blog/ブログ

朝日と綿毛

P1000074

 

枯れた植物の写真が多くなってしまいますが、「枯れ草=終わり」のイメージを持つ方が多いのでしょうか。

常緑でない植物は休眠期に入れば必ず一部が枯れます。国内の植物はたいてい、地上部が枯れて冬に備えます。

 

地下では暖かい春を待つ間、ゆっくりと生長を続けています。休眠といっても完全に停止してしまうわけではありません。

勢いよく生長する為の雌伏の時期、それが植物にとっての冬です。

 

写真の綿毛はクジャクアスター(孔雀草)の綿毛で、一つ一つがタンポポと同じように種子になっています。

風に乗ってあちこちに飛んで、そこから新しい命として芽吹きます。ペレニアルガーデンの所々にそうやって

増えたクジャクアスターが生えています。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク