Blog/ブログ

桃色シュウカイドウ

桃色シュウカイドウ

Begonia grandis Dryand.

 

ペレニアルガーデンのあちこちで、幅を利かせているシュウカイドウですが、桜色といいますか、薄桃色の優しい雰囲気の株は案外少ないものです。白から紅色までお花の色幅がある中で、紅色が一番と思いきや濃い桃色が優性のようです。

 

桃色の株にも赤軸と青軸(緑色)のものがあって、葉の裏に紅色が出るもの、緑一色のものがあります。それぞれ組み合わせもありますので、一口に桃色のシュウカイドウといっても見た目の雰囲気は結構違います。

 

写真の株はおそらく同じ個体がムカゴや株で増えたもので、薄い裏紅の葉に赤軸、薄桃色のお花の組み合わせです。葉の表側から紅が透けて見えるので、ややくすんだ緑色で灰色がかった雰囲気です。

 

木漏れ日の下や日陰にはこのくらいの、やや暗めのトーンのシュウカイドウが似合うように思います。ご自分のお庭ならどこに植えるか、想像してみるのも楽しいのではないでしょうか。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク