Column/連載コラム

エスペレティア・アルゲンテア

エスペレティア・アルゲンテア白さが際立ち、姿の美しい植物です。

 

群植するとそこだけ別世界が広がるようで、シロタエギクなど、他のシルバーリーフプランツとはだいぶ印象が異なります。

 

ソフトな質感と力強さを合わせ持ち、気品も感じられます。

 

花はまだ見ていませんが、ツワブキのような黄色い花です。

 

南米、赤道近くの標高3000m位のところに自生し、気圧が低く、強光線と昼夜の温度差が、一年を通して同じようにくり返される荒涼としたところで、夜露と霧で水分を補っているようです。

 

エスペレティア・アルゲンテア栽培は、山野草向けの用土で水はけを良くしておけば、比較的容易です。

 

冬は-5℃位まで。

 

夏越しは、雨に当てないようにして、やや乾燥気味にするのがポイント。

 

エスペレティア属には、数十種あるといわれ、写真などでよく紹介されるのは、主にインカナ種です。

 

丈は3mにもなり、ヤシの樹のようで、一面に林立しているようすは、そこだけ時間が止まったようで、人を寄せつけない雰囲気があります。

 

モンクス(修道士)と呼ばれているそうです。

 

 

 

次回はヒメシャガです。

 

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク