Column/連載コラム

クレマチス フォステリー系

クレマチス・カートマニー・ジョーニュージーランドのクレマチスの総称で、いくつかの種とそれらの交配種が含まれます。

 

クレマチス属は世界に300種ほど、ほとんどが北半球で、カザグルマ、テッセン、ハンショウヅル、センニンソウなどです。

 

フォステリー系はこれらとはだいぶ異なり、ツルにはならずに、低木状に枝垂れて咲き、開花期は3~4月、芳香があります。

 

常緑性でパセリのような厚味のある葉なので、クレマチスとは思えないほどです。

 

最もポピュラーな園芸品種はカートマニージョーで、ヘレボラス・ニゲルのような花です。

 

クレマチス・ペトリエフォステリー系の花色は、白~淡黄緑色、清楚で可愛らしいのですが、華やかさがないのが欠点とも言えます。

 

色幅などバラエティが広がれば、第二のヘレボラスになりそうな気もします。

 

この、もしもというのは、他にもキリがない程ありますが、想像力を働かせておくのも悪くないものです。

 

フォステリー系の特徴の1つは雄株と雌株があることです。

 

南半球でどのように進化してきたのか、気になるところです。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク