Column/連載コラム

シクラメン・プルプラッセンス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

真夏にシクラメン? 暑さで頭がボケたのかと思われるかもしれませんが、そうではなく、本種は夏が開花の最盛期となり、20種ほどあるシクラメンの原種の中でも珍しいものです。

 

常緑性で、春にもポツポツ咲きますが、気温が30℃を越えるようになると更に元気になって花数も増えてきます。冬は半休眠状態となり、耐寒性は弱いので凍らないように注意します。芳香シクラメンとしても知られ、気品のあるさわやかな甘い香りが魅力です。

 

このように同じ属の花でも、種によって全く花期が異なるというのはよくあることで、クレマチスの夏咲き種と冬咲き種を始め、別属ですがナツノハナワラビとフユノハナワラビ、その他多数見られます。さらに、品種名、流通名となると複雑で、まぎらわしいものもけっこう出てきます。

 

ところで、シクラメンは品種が多く、毎年のように新しいもの、変わったものも出回りますが、原種の良さをもう一度見直してみても良いのではと思います。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク