Column/連載コラム

シャスターデージー

シャスターデージー ありふれた花のように思われがちですが、実際にはそれほどではなく、道端や空地などでよく見かけるのはフランスギクです。

 

 名前は Mt.シャスタ (4,317m) に由来し、とにかく純白さが売り物。フロックスの「フジヤマ」のような感じです。

 

 夏の花壇にはぜひ入れたい清楚な花で、可憐さと力強さを合わせ持ち、さわやかで涼しさも感じられます。

 

 

 

品種 ハマギク、フランスギク、そしてピレネーのマキシマムの3種の交配で育成され、現在も続々と新品種が出ています。

 

 切り花として、清流などが古くから利用され、花壇向けでは多くの品種が出回り、バラエティが豊かです。黄花もあります。

 

 ところで、最初に交配を行った、ルーサー・バーバンク氏は、花だけでなく、野菜、果樹、穀物と幅広い育種家として知られ、その数 3,000 以上とか。

 

 

 

品種2 芳香ダリアもあるそうですが、中でも有名なのは、サボテンステーキにするトゲなしサボテンです。

 

 形質の遺伝にくわしく、熱意もさることながら、やはり、カンの鋭さも大きいと思われます。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク