Column/連載コラム

タツタソウ

タツタソウ春の名花として親しまれ、広く栽培されています。

 

ふくよかで優美な花を咲かせ、草姿のバランスも良く、開花後は、蓮のような葉が大きく茂ります。

 

別名はイトマキソウ。

 

栽培は、だいたいイカリソウと同様で良く、じっくりと年数をかけて大株にすると美事で、市販の小苗では、十分本領を発揮できないようです。

 

名前は、軍艦の龍田に由来し(竜田揚げとは関係ありません)、日露戦争当時、乗組員の木下さんが、中国から持ち帰ったということです。

 

タツタソウの花この時代の状況で、よく花をと思いますが、よほど感動が大きかったのでしょうか。

 

中国東北部、朝鮮北部からアムール川あたりまで自生していて、近似種としては、北米にアメリカタツタソウが隔離分布しています。

 

こちらは白花。

 

やはり紫色のタツタソウのほうが深みがありますね。

 

他に似たような花がなく、ほとんど変異も見られない、オンリーワンプランツです。

 

いっせいに咲いてパッと散るところはサクラと同じ。

 

華やかで潔いことも魅力です。

 

 

 

 

次回はエスペレティアです。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク