Column/連載コラム

ドリコス ラブラブ

ドリコスの花 和名はフジマメ。

 

 フジのような花ということですが、上向きに咲くので、どちらかというとクズの花を細長く大きくしたような印象です。

 

 さやは鮮やかな紫色をしていて、サヤエンドウのように食用とします。

 

 暑さに強く、日当たりが良ければ栽培は容易。

 

 ツルは数mに伸び分枝も多く、草姿はインゲンに似ています。

 

 生長も早いので、緑のカーテンにもなり、食用と観賞の両方に利用できます。

 

 原産地は東アフリカ、世界各地で栽培され、品種もいくつかあります。

 

 栽培はほとんど一年草扱いですが、本来は多年草で暖地では宿根となります。

 

ドリコスのさや また、エジプトマメとも呼ばれ、Lablab属に分類されることもあり、ラブラブビーンと呼んでもよさそうです。

 

 ラブラブはアラビア語でマメという意味です。

 

 ところで、エジプトといえば、ツタンカーメンのエンドウ豆が有名で、こちらもさやが紫色をしています。

 

 エンドウは秋まきで春の収穫、フジマメとは時期がずれるので、入れ替わるように交互に利用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、源平ツリフネソウをご紹介します。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク