Column/連載コラム

ハナツリフネソウ

ハナツリフネソウ桃と白の2色咲きとなる花で、一般には源平ツリフネソウの名前で栽培されています。

 

ヒマラヤ原産で、日本のツリフネソウよりも花着きが良く、耐暑性もあるので栽培は容易です。

 

大輪でふくよかな花が群れ咲くようすは、小さな人形が楽しそうに躍っているようにも見えます。

 

条件が良ければ、こぼれ種子で毎年咲きますが、やはり採種して春にまくのが確実です。

 

 

 

ハナツリフネソウ

さやはすぐにはじけてしまうのでタイミングが大切。

 

アミをかぶせておくのも良い方法です。

 

源平の名がつく植物には、源平カズラ(クレロデンドルム)や源平小菊(エリゲロン)、源平シモツケ(スピラエア)などがあり、いずれも紅白です。

 

日本のツリフネソウでも、赤花と白花の両方を混植すれば源平になりますね。

 

冷涼地なら群生させると見事です。

 

 

ツリフネソウ属(インパチェンス)には、450種、青花もあるので今後の育種や普及が楽しみです。

 

アフリカホウセンカにも2色咲きが出るそうですが、まだ発色は不安定。

 

あと一歩のところです。

 

 

 

ツリフネソウ白花次回はターネラをご紹介します。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク