Column/連載コラム

ハラン

ハラン「旭」葉物として活け花に利用され、公園などの植栽でもよく見かけるありふれた植物です。

 

丈夫な常緑宿根草で、日陰でも育ち、ほとんど手がかかりません。

 

名脇役なのですが、空気のような存在で、つい見過ごしてしまいます。

 

古い時代に中国から入ったそうで、すっかり日本の気候に馴染み、寒さにも強く、小渕沢でも元気です。

 

鹿児島県、黒島のものは自生といわれています。

 

名前は葉蘭で、漢名は”蜘蛛抱蛋”、蕾の形が、卵をかかえているクモに似ているということです。

 

開花は春、株元で落ち葉や土にうもれて咲くので見えないことが多く、ナメクジなどによって受粉するといわれています。

 

縞斑、星斑、あけぼの斑があり、写真はあけぼの斑の「旭」です。

 

大きな葉は硬くてしなやか、抗菌作用もあり、弁当箱の間仕切りや料理の下にしいたり、包んだりするのに利用されます。

 

ホオノキのホオバメシや笹モチと同様ですが、ハランメシやハランモチでは、食中りしそうな名前ですね。

 

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク