Column/連載コラム

ビデンス

いろいろなビデンスの花従来はウィンターコスモスくらいしか栽培されなかった花です。

 

 

元々は黄花で、次に複色や白花が出るようになり、少しずつ育種が進められ、ビデンス属の他の種もいくつか利用されましたが、長続きせず、最近になってようやく日の目を見るようになりました。

 

 

ビーダンスを始め、園芸品種が次々と育成され、コンパクトで花つきが良く、丈夫で育てやすいことから急速に普及しています。

 

 

赤、橙、黄、桃、白、そして八重咲きもあります。ビデンスの白花

 

 

中でも赤と黄の複色の品種は、コントラストが強く目を惹きます。

 

 

いずれも半耐寒性なので、寒冷地では防寒が必要。

 

 

小淵沢の露地で冬越し出来るのは、在来のウィンターコスモスだけです。

 

 

ビデンス属には240種ほどあるといわれ、センダングサなど雑草扱いされるものも多く見られます。

 

 

ビデンスというのは2個の歯という意味で、これはツノが生えているような種子の形によるものです。

 

 

 

ガーデンで咲くウィンターコスモスコスモスやダリアに近縁で似ている所も多いのですが、ビデンスならではの良さを出したいものです。

 

 

 

 

次回はフジバカマをご紹介します。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク