Column/連載コラム

フジバカマ

秋の七草フジバカマ秋の七草の1つで、馴染み深い花と思われているかもしれませんが、じつは知っているようで、案外よくわかっていない花なのです。

 

奈良時代かそれ以前に、中国より薬草として入ったものが人家近くに野生化。

 

そして現在は絶滅危惧種といわれています。

 

 

栽培は容易で、株もよくふえるものなので、生育できる自然環境がなくなってきたということでしょうか。

 

名前の由来は諸説あり、布知波加麻から藤袴になったとか、不時袴とかあります。

 

藤色というには少し無理があるようで、うすぼけた茶色のようにも見えます。

 

花を1つ1つばらして逆さにした姿が、袴に似ているということらしいです。

 

 

群れて咲くフジバカマの花また、七草は本当は近縁のヒヨドリバナという説もあります。

 

鳥のヒヨドリに由来するとか、または綿毛の種子から火取花ともいわれます。

 

火打ち石で火を付ける火口(ホクチ)です。

 

フジバカマは、香水蘭とも呼ばれ、生乾きの葉は芳香があります。

 

近年はいろいろなフジバカマが流通していますが、香りの無いものが多くなっています。

 

 

 

 

 

次回はスズカケソウです。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク