Column/連載コラム

ボルトニア・アステロイデス

ボルトニア・アステロイデスクジャクアスターの大型種のようで、ボリュームがあります。

 

残暑の中、白い小花が元気に群れ咲き、遠くからながめるとオアシスのようにも感じられ、ホッとします。

 

8月から9月の開花で、早めに切り戻すと10月に2番花が咲きます。

 

雨でも倒れずに、こんもりと安定した草姿を保つので扱いやすく、むれにも強く、病害虫もほとんど見られません。

 

花壇の背景には便利な素材で存在感もあります。

 

草丈は1~1.5mになり、摘心で低く仕立てることも可能。

 

ボルトニア・アステロイデスの花明治時代に、切り花用として導入され、アメリカギクの和名がつけられています。

 

白花の他、青紫もあるそうです。

 

アスター属とほとんど見分けがつかないのですが、さわやかな印象を受けます。

 

アスター属には、アメリカシオンと呼ばれるニューイングランドアスターがあります。

 

ところで、名前にアメリカとつく植物というと、アメリカフヨウなど100種類位あり、中には、アメリカセンノウのような、ロシア原産のものまであります。

 

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク