Column/連載コラム

ムラサキ

ムラサキの花 その名もずばり、紫色のムラサキです。染料植物として古くから利用され、薬用にもなります。

 

 現在は化学合成染料にとって代わりましたが、名前だけは有名で、ムラサキ科を代表する花でもあり、東アジアに広く分布しています。

 

 近年株数は激減していて、山梨県では道志村や富士五湖周辺で見られるようです。

 

 6月に白い小花が咲き、どこが紫? と思ってしまいます。地味な花で観賞用にもならず、実物を見るとがっかりしますね。

 

 それでもロマンを誘う花ではあります。根に紫の色素がありpHで多少変わります。

 

ムラサキ このように、名前と色とがすぐには一致しない植物は他にも多く見られ、例えば、青紫色の花が咲くコガネバナ(根が黄金色)や、白や桃の花を咲かせるアカバナ(紅葉が鮮やか)など、説明がないと分かりにくいものです。

 

 花の色がほんとうの紫というと、やはりシコンノボタン(紫根ではなく紫紺)でしょうか。深い紫色の花というのは意外に少ないように思いますが、いかがでしょうか。

 

 

次回、斑入りヘメロカリスです。

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク