Column/連載コラム

ラセンイ

ラセンイ大型種イグサの園芸品種で、クルクルとカールした姿が特徴。

 

 

バネのように弾力性があり、これで畳を作ったら、かなりクッションのきいたものができそうです。

 

 

耐寒耐暑性強く、常緑で水盤での栽培に向き、しかも乾燥にも耐える水陸両用の植物です。

 

 

大型と小型のタイプがあり、小型種のほうがらせんの程度が強いようです。

 

 

大型種は、ホームセンターで見かけるプラスチックの支柱を連想してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

ラセンイ小型種学名ではスピラリスと呼ばれ、これは、アルブカなどの球根類や観葉植物にも同じ名前があります。

 

 

どんな効用があるのか分かりませんが、DNAのらせん構造に通じているのかもしれません。

 

 

イグサの仲間にはよく似た種類が多く、フトイ、ホソイ、クサイ、そしてサンカクイやシカクイ、さらにマシカクイもあります。

 

 

イグサの正式名はイです。

 

 

一文字の植物は珍しく、他にはトがありますが、これでは呼びにくいということで、ヘチマになったそうです。

 

 

いろは……のヘとチの間です。

 

 

 

 

 

次回はタツタソウです。

 

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク