Column/連載コラム

ローズヒップ

バージニアナの実 バラの果実の総称です。

 

 代表的なのは、欧州に広く自生しているカニナ種(ドッグローズ)で、ハーブとしてお茶に利用されます。

 

 ビタミンCはオレンジの20倍とか。

 

 他には、北米のバージニアナなども赤い実が大きく目立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

バージニアナ 5月頃に優しいピンクの花が咲き、香りも上品。小苗でもよく実がつき、秋から冬の間の彩りとして重宝します。

 

 カニナ種によく似ていますが、カニナの実はだ円形で、こちらは丸い球形です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハマナスの実 実が大きなバラというと、やはりハマナスです。

 

 直径3cm位で食用にもなります。トゲが多く葉が大きく茂るのが難点ですが、夏から秋まで鑑賞できます。

 

 また、ヤマハマナスとも呼ばれるカラフトイバラが、霧ヶ峰などに自生しています。花材としては、ノイバラの実がポピュラーですね。

 

 

 

 

 

 

 バラは、数ある花の中でも特に人気が高く、園芸品種も多数育成されています。野生種に関しては、未だに分類がはっきりしていなくて、100とも200種ともいわれ、まだまだ未知の世界です。

 

 

 

 

次回はハエマンサスをお送りします。

 

COLUMN/連載コラム

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク