Hanageshiki/花景色

花景色 – Perennial Garden

ペレニアルガーデン定点撮影11月25日

2020年11月25日

 

雲の多いあいにくの空になってしまいました。寒さは少し緩んできましたが、11月ももうすぐ終わりでいよいよ本格的な冬の始まりです。冬タイヤの交換はお済みでしょうか? 雪の予報や路面が凍り始めるとどこも混雑しますので、早めの冬タイヤ装着をおすすめします。

 

山梨県は自家用車保有率が高い県で、通勤手段もマイカー通勤がメインです。積雪の多い地区も多いので、冬タイヤの装着率がとても多い県だと思います。人が冬の寒さに備えるのと同様、植物も寒さに対する準備は抜かりなく進めています。

 

写真の左側には、落葉して枝だけになったジューンベリーの樹や地上部が枯れた宿根草が写っています。右側にはツバキやクリスマスローズ、ヒメツルニチニチソウなど常緑の植物が写っています。どちらも冬に向けて準備をしていますが、左チームの落葉や地上部が枯れているのに比べると、右チームは外見上はあまり備えが進んでいるようには見えません。

 

常緑と呼ばれる冬も緑の葉を付けたままの植物は、表面的には分かりにくいですが内部で低温や凍結に備えた準備を進めています。光合成で盛んに糖を生産して、葉や枝の表面組織にとどめることで、細胞内の糖類濃度を高めて、細胞質の凝固点を下げて寒さから身を守る工夫をしています。塩や砂糖を混ぜた水が0℃で凍らなくなるのと同じ理屈です。

 

私たちも工夫を凝らして寒さからもコロナからも身を守りたいものですね。

HANAKESHIKI/花景色

月別アーカイブ

ABABAオンラインリンク CONTACT/お問い合わせ ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク