Blog/ブログ

ドライ アナベル

アメリカアジサイのアナベルの今の姿です。小淵沢では株元の一部を除いて、地上の枝や冬芽は枯れてしまうことが多いので、毎年切り戻して新枝を伸ばしています。

 

整枝作業までの晩秋から春先は、枯れた枝先の花がらはそのままにしています。天然のドライフラワーというわけです。晴れた日に風が吹くと、カサカサという小さな音が聞こえてきて、なんとも言えない風情を感じます。

 

雨が降れば写真のようにしっとりした質感で、水滴がキラキラして独特の美しさを見せてくれます。宿根草の多くは冬に地上部が枯れますが、春先までは残しておくと楽しいお花もありますので、枯れ草として処分しないで残すことも秘訣です。

 

グラス類などは常緑のものが多いので、防寒を兼ねて冬の間はそのままにしておくことをおすすめします。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com