Blog/ブログ

ヒゴタイ

P1000163

Echinops setifer

 

背景のルドベキアの黄色に負けそうですが、中央のエキノプスは日本在来種のヒゴタイです。ミヨシの今月のPickupで紹介されている

ベッチーズブルーと同じ仲間ですが、ヒゴタイは絶滅危惧種の野生種です。

 

中部から西日本、九州に掛けて点々と自生していて、朝鮮半島まで分布しているそうです。国内では九州九重山や阿蘇山が

有名です。江戸時代から知られていたお花ですが、漢字で「肥後躰」と書くあたりからも、九州の植物と知られていたのでしょう。

 

ベッチーズブルーをはじめとした切り花向けの品種は、ヨーロッパの原種から改良された品種で、ヒゴタイと比べてみるとやはり

枝ぶりや花付きなどが異なっているのを感じます。ヒゴタイは剛直でがっしりした感じがしますが、気のせいかもしれません。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク