Blog/ブログ

ロニセラの黄葉

ロニセラの黄葉

Lonicera fragrantissima

 

今までは冬のお花しか紹介していませんでしたが、秋遅くに黄葉する姿も意外? と美しいものです。ハニーサックルと呼ばれるロニセラでは、ツルになった枝が絡まって伸びますが、フラグランスの枝は伸びません。

 

ウグイスカグラ、ハスカップと良く似たこんもりと茂る樹木で、このような木を灌木(かんぼく)と呼びます。一見して幹らしい幹がなくて、地面からたくさんの枝が伸びるような生長の仕方をします。

 

ガーデン向きの花木には灌木になるものがたくさんあって、ボーダーに使ったり目隠しの役割をしたりと、幅広い使い道があります。中には枝や葉にトゲがあるベルベリス(メギ)やクサボケなどもあるので注意が必要です。

 

ロニセラの仲間はいずれもその心配がないので安心です。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク M&Hブルーメン リンク