Blog/ブログ

福寿草のつぼみ

Adonis ramosa

 

雪が無くなって暖かくなると、急に動き出すのが福寿草の花芽です。つぼみというにはすでにお花になり始めの段階で、暗褐色のガクの中から黄色の花弁が顔をのぞかせています。

 

つぼみを取り囲む苞葉も暗褐色で、遠目で見ると枯れ葉と見分けが付きません。花以外の部分を目立たないようにして、ポリネーターが迷わず一直線に来てくれるように、こんな色彩になっているのかもしれません。

 

ペレニアルガーデンではいままで、福寿草が咲くとそれ以降は大雪が降ることはありませんでした。今年もそうであることを祈っています。

BLOG/ブログ

月別アーカイブ

CONTACT/お問い合わせ Facebook ミヨシリンク エムアンドビーフローラリンク 三好アグリテックリンク
Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com